今ここ、明日ここ。

NLPマインドコーチ 岩渕加奈子のブログです。 小さな「できた!」を積み重ねると、どれだけスゴイ場所に私たちはたどり着けるだろう。世界一小さなコーチングをコンセプトに、日常生活の中にある小さなテーマも大切に扱います。

友達との会話が長続きしない時

こんにちは。岩渕です。

 

先日、息子が面白いことを言っていました。

 

 

息子「友達で会話が長続きしない人がいるんだよね。」

 

私「えっ、どういうこと?!」

 

息「一個会話のボールを投げたら、そのボールを投げ返さして終わり!みたいな。」

 

私「で、そういう時はどうするの?」

 

息「普通だったら、『今日部活行く?』って聞くじゃん?

 

  長続きしないヤツだと『うん』で終わっちゃうんだよ。

 

  だからさぁ、『今日部活行ったらどんなメニューやるのかなぁ?』

 

  みたいに聞くんだよ。

 

  そうすると、『うん』とか『行かねぇ』で終わらないから

 

  会話が長続きするんだよねー。」

 

 

ここで、私は、ほっほぉ~~~となった訳です。

 

 

なぜなら、息子が使っていたのが、コーチングで

使う会話の手法とまったく同じだったから。

 

コーチングでは、こうした質問によって、

考えるきっかけを与えることを目的としていますが、

まさか、会話を長続きさせるために

使っているなんて思いませんでした。

 

この質問の仕方はとても簡単。

いわゆる5W1Hを意識した質問にすれば、

YES、NOで答えられない質問になります。

 

「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「なぜ」「どうやって」

を使うということですね。

 

この5つをマスターしたらさらに、

「誰に(誰と)」や「どのくらい」を

加えてもいいかもしれません。

 

いきなり5つ全てを使いこなすのは難しいので、

まず、良く使えそうなものを一つだけ選んで

それをマスターするのがおすすめです。

 

 

友達との会話が長続きしないんだよね……

と思っている君へ。

 

 

copyright (c) 2017 - COACHING NLP All Rights Reserved.