人生の想像工学

NLPマインド・コンディショニング・コーチ 岩渕加奈子

過去から力を得る「ビジョン・タイムライン」

今日は、少しNLPについて

お話をしたいと思います。

 

 

すでにご存じの方が多いと思いますが、

私がコーチングのベースとしているのは、

NLPという心理学です。

 

このNLPは

「脳のOS」「脳の取り扱い説明書」

とも言われているんですよね。

 

 

このNLPのおかげで私は、

目標達成だけでなく、

 

問題解決や

人とのコミュニケーション

自分とのコミュニケーション

に関するテーマも扱うことができています。

 

 

もしNLPを何かに例えるなら、

「水」のような存在かもしれません。

 

ある時は、

給水所でランナーが手にする水のように

「人に活力を与え」

 

ある時は、

なみなみと湯船に湛えられたお湯のように

「人を癒し」

 

ある時は、

稲が青々としげる田んぼに流れ入る水のように

「 成長を促し」

 

NLPは、

そんなふうに人生に影響を与える

ものだなぁと私は思っています。

 

 

そんなNLPには「NLPの前提」と

言われる考え方が20個弱ほどあります。

 

その前提は、

「こう考えれば、より早く、より効果的に、

 より良い状態になるよ」

という考え方の基礎となるものです。

 

今回お伝えしたいのは、

そのNLPの前提の中でも、

私がいいなぁと思っている

 人は、自分が望む目標やゴールを達成するために必要なリソースを、全て持っている。

 というものです。

 

 

必要な資源(リソース)は全ての人が既に持っている!

なんて素敵な響きでしょうか!

 

 

実はNLPには、

その前提を体感できるワークがあるんです。

それが「ビジョン・タイムライン」。

 

 

先日も、「ビジョン・タイムライン」の

セッションをしたのですが、

 

クライアントさんは、

自分の過去の経験から

多くのリソースを見つけていました。

 

by PIRO4D from Pixabay

  

「ビジョン・タイムライン」は

自分の目標に対して、

リソースとなる過去の経験を探しに行く旅

ともいえます。

 

想像の中で過去に遡って

無意識を信じて退行していくのですが、

これが思いもよらないリソースが

見つかったりするものなのです。

 

以前、私がビジネスの課題をテーマにした時に、

このビジョン・タイムラインのワークを

してもらった時には、

 

高校時代の合唱コンクールの

直前リハーサルという、

思いもよらないリソースがでてきました。

 

本番じゃなくて、リハーサルというのが

さらに驚きを大きくしたのですが......

 

その体験で感じた人との一体感が

私の未来で必要になる価値観であると

感じとったのです。

 

 

何か挑戦をする時、

より理想の状態を目指したい時、

あなたの過去の経験、体験がリソースになります。

 

それは、その時感じた価値観かもしれませんし、

あなたの心の状態かもしれません。

誰かから言われた一言かもしれませんし、

すっかり忘れていた能力かもしれません。

 

新らしく知識や学びやスキルを取り入れるのもいいですが、

ぜひ、過去の経験にあるリソースも探してみてください。

 

それは、

すでにあなたがもっている

まだ気が付いていないリソースです。

 

 

-------

◆ブログ更新のお知らせをあなたのLINEにお届けします。

LINE@でお友達登録をお願いします。

友だち追加

◆WEBサイト

https://www.coachingnlp.jp/

◆Twitter

https://twitter.com/coachingnlp_jp/

◆Instagram

https://www.instagram.com/coachingnlp.jp/

◆はてなブログで読者になるにはこちらから

-------

copyright (c) 2019 - COACHING NLP All Rights Reserved.