人生の想像工学

Imagination Engineering:NLPマインドコーチ 岩渕加奈子

[自分]ー[記憶]=???

みなさん、「50回目のファーストキス」という

映画をご存じですか?

 

山田孝之さんと長澤まさみさんの共演で

日本版リメイク映画も作られた作品です。

 

主人公の女性ルーシーは事故の影響で、

記憶が1日しかもたず、

 

寝て起きた次の日には、

前日に起こったことは全て忘れてしまっている

という設定のストーリーでした。

https://www.youtube.com/watch?v=ABjGVAH_cxI

 

 

この映画を初めて見た時には、

前の日のことを忘れる記憶障害って

本当にあるのかな?

映画の中だけの架空の話なのかな?

なんて思っていました。

 

 

でも先日、この動画を見て、

前日の記憶がなくなってしまうという記憶障害が

本当に存在するということを知ることができました。

 

この動画でご自身の記憶障害について

話してくれた大庭さんは、

心筋梗塞になった影響で、

記憶障害が現れるようになったそうです。

 

過去の記憶が失われただけでなく、

新しい記憶も蓄積されず、

当初は強い恐怖感に襲われ

パニックになったそうです。

 

今は、

毎朝、自分が誰か分からない状態で目が覚め、

朝一番に、メモを見て自分が誰かを確認し、

毎朝、初対面状態の母親と挨拶をするそうです。

 

こんな記憶障害が本当にあるのかと、

正直驚きました。

 

 

大庭さんが言った

「記憶がないということは、自分がないということ」

この言葉にグッときました。

 

そして、こんなことが気になりました。

自分から記憶を取ったら何が残るんだろう?

 [自分]ー[記憶]=???

  

by Tumisu from Pixabay

 

実は、この大庭さんは、

音楽の知識についての記憶は

残っていたそうです。

 

楽器も演奏できるし、

音符も読める。

音楽の歴史も知ってるし、

モーツァルトの顔もわかるそうです。

 

楽器の演奏や運転のように

身体で覚えた記憶は

非陳述記憶(言葉で説明できない記憶)と言って

 

一度、脳で成立してしまえば、

記憶は消えにくいそうです。

 

云わば

「身体に染み付いた記憶」だから、

大庭さんは音楽の記憶が残っていたのでしょう。

 

では、私の場合は、

自分から記憶がなくなったら何が残るだろうか?

 

運転だけでなく、

願わくばコーチングのスキルや

NLPの知識は身体に染み付いた記憶として

残ってほしいものです。

 

 

NLPのカウンセリング&コーチングでは

過去の記憶を扱うことがあります。

 

過去の記憶に紐づいている

五感情報を操作したり、

その体験に紐づいている

意味付けを変えていったりします。

 

それにより、

心が軽くなったり、気づきを得たり

新しい世界が広がったりするのですが、

 

記憶がないということは、

そうしたNLPワークもできないという

ことなのかもしれませんし、

 

何の思い込みやビリーフを持たないという

ことなのかもしれませんし、

 

実は、無意識の中にある記憶として

たくさんの記憶が眠っているのかもしれません。

 

 

動画のなかで、

記憶のことを

 「以前の自分が残してくれたもの」

「自分の財産」と言っていました。

 

全くその通りだと思います。

 

普段は全く気にもとめていない「記憶」。

愛おしい自分の財産であると

意識していきたいと思います。

 

-------

◆ブログ更新のお知らせをあなたのLINEにお届けします。

LINE@でお友達登録をお願いします。

友だち追加

◆WEBサイト

https://www.coachingnlp.jp/

◆Twitter

https://twitter.com/coachingnlp_jp/

◆Instagram

https://www.instagram.com/coachingnlp.jp/

◆はてなブログで読者になるにはこちらから

-------

 

copyright (c) 2019 - COACHING NLP All Rights Reserved.