人生の想像工学

NLPマインド・コンディショニング・コーチ 岩渕加奈子

笑いの効能

少し前のことですが、

「ラフターヨガ(笑いヨガ)」

のオンラインレッスンに参加しました。

 

名前の通り

笑いを取り入れたヨガなのですが、

笑い声を出すこと=呼吸することを

大切にしているヨガでした。

 

そこで教えていただいたのですが、

あの野口英世さんが

「すべての病気の原因は、

酸素の欠乏症である」

と言っていたほど、

呼吸は大切なんだそうです。

 

そして、1分間の笑いが

10分間の有酸素運動に匹敵するとも

教えてもらいました。

 

そう聞くと、痩せたい人は、

30分間のランニングをするかわりに、

3分間声を出して笑うほうが

楽しそうですよね(笑)

 

さらに、ラフターヨガには、

 

  1. エンドルフィンと呼ばれるホルモンが分泌され、脳の活性化につながる
  2. 平均1日5000個も発生する癌細胞をやっつける、ナチュラルキラー細胞を増産させる(免疫力のアップ
  3. 幸せホルモンといわれるセロトニンが分泌され、人間関係がより円滑になる

という、大きく3つの効果が

あるそうです。

 

f:id:nlpcoaching:20201031172013j:plain

 

私はラフターヨガは初めてだったので、

先生の誘導に従って

笑っているような声を出していくのですが、

回数を重ねていくうちに、

だんだんオモシロくなっていくんです。

 

最初は単なる笑っているフリの

笑い声であっても。

 

他の参加者さんも、

最初は控えめだったのが、

だんだんと声も大きくなり、

口角があがりに上がって

心の底から楽しんでいるように見えました。

 

それは、

「楽しいから笑うのではなく、

笑うから楽しくなる」

という体験そのものでした。

 

そう。

身体と心は密接につながっているのです。

 

TEDの有名なスピーチのひとつ、

エイミー・カディの

「ボディランゲージが人を作る」。

 

ここでも、マインドセットや

メンタルをキープするのに、

その心理状態に相応しい身体の動きや姿勢を

先ずとってみようと提言しています。

 


Your body language may shape who you are | Amy Cuddy

 

私のコーチングでも、

理想のモデルとなる人を決め、

その人の着ぐるみに入って、

そのモデルが持つ卓越性をインストールする

モデリング』や

 

自分が体験したい感情と、

身体のポーズや五感をむすびつけ、

よい感情を引き起こすスイッチをつくる

アンカリング

のワークがあります。

 

こうしたワークやセッションを受けなくても、

口角を上げて笑顔を作ることは

誰でもできますよね。

 

口角を上げて笑顔を作ったら、

だんだん楽しくなる。

心がいい状態になる。

 

幸い今はマスク着用の毎日なので、

笑顔し放題ですよ!

マスクの下でも満面の笑顔を作って

楽しい日々を自分で作っていきたいですね。

 

Fake it 'til you become it.

ー Amy Cuddy

 

天才になりたければ、天才の真似をすればいい。

ー サルバドーレ・ダリ

 

 

『モデリング』や『アンカリング』にご興味がある方は

ぜひトライアルセッションでお試しください。

www.coachingnlp.jp

 

-------

◆ブログ更新のお知らせをあなたのLINEにお届けします。

LINE公式アカウントでお友達登録をお願いします。

友だち追加

◆WEBサイト

https://www.coachingnlp.jp/

◆Twitter

https://twitter.com/coachingnlp_jp/

◆Instagram

https://www.instagram.com/coachingnlp.jp/

◆はてなブログで読者になるにはこちらから

-------

copyright (c) 2019 - COACHING NLP All Rights Reserved.