人生の想像工学

Imagination Engineering:NLPマインドコーチ 岩渕加奈子

視点を自在に移動させる

先日、妙にリアルな夢を見ました。

 

それは、

自分の前髪の生え際のちょうど真ん中に、

極太の髪の毛を一本見つけるという

ものでした(笑)

 

夢の中で、

「わぁーこんなところに、

こんな太い毛が……!」

 

「なんで、一本だけこんなに

太いんだろう?」

 

「よりによって、こんな目立つ場所に

生えなくてもいいのに……。」

 

と驚きと共に、

これって加齢のせいかもと

落胆も感じていました。

 

その奇妙な夢が後日、

興味深い発見をもたらしたので、

シェアしたいと思います。

 

 

実は、その夢をみた数日後に、

NLPプラクティショナー

トレーニングのアシスタントに

入ったのですが、

 

その日の講座の内容には、

「知覚位置」というもの

がありました。

 

「知覚位置」を簡単に説明をすると、

どの視点で出来事を認識しているか

という学びになります。

 

 

一番わかりやすい例が、

「アソシエイト」。

これは自分の視点でみたイメージになります。

 

例えば、こんな感じの視点です。

 

by 畅 苏 from Pixabay


まさに、自分の目で見た視点ですね。

ですから、自分の姿は見えていません。

 

そして、この写真のように、

その場で体験しているような

臨場感を感じることができるイメージになります。

 

高いところに座っているので、

私の場合、ちょっと心臓がキュッとなります。

 

自分が見ているもの、聞こえている音、

感じている感覚や感情など、

自分事として感じることができる視点です。

 

 

もう一つの分かりやすい視点の例は

「デソシエイト」です。

これは自分ではない、

別の人の視点でみたイメージになります。

 

例えば、こんな感じの視点です。

 

f:id:nlpcoaching:20200724152809j:plain

 

イメージの中に自分の姿が見えている

第三者の視点です。

 

そして、この写真のように、

自分だけでなくその周りの環境も見ることができる

客観的で冷静に見ることができる視点になります。

 

自分を客観的に、そして距離をとって見ているので、

「実はこの崖は、思ったほど高くないんだな」

とか、

「後ろに仲間がいるようから、独りぼっちじゃないんだな」

のように、

 

視野が広がり、得られる情報が増え、

自分が感じているだろう感覚・感情から

抜け出した状態で、イメージを見ることができる

そんな状態が「デソシエイト」です。

 

 

そんな知覚位置の話題が出た時に、

ふっと、あの夢を思い出したんですよね(笑)

 

あの夢は

「アソシエイトだったんだろうか?

それともデソシエイトだったんだろうか?」

( ※私は「アソか?デソか?」と省略して言います。)

 

 

さきほど書いたように、

アソかデソかは、

自分の姿が見えるかどうかで判断されます。

 

私は夢のなかで

自分の姿が見えていたので、

「デソシエイト」で夢を見たと思っていました。

 

 

でも、

・あの太い髪を触っている指先の感触がある

・そんな髪の生え方をした自分に落胆している感覚がある

このふたつの感覚が妙にリアルなのが

どこかで引っかかっていたんでしょうね。

 

 

「アソか?デソか?」を

考えた瞬間に、はっきりしました。

 

あれは、

鏡に映っている自分を見ているのだ!

と。

 

だから、あの夢は

間違いなく「アソシエイト」だと。

 

 

自分の姿が見えていれば、

本来は「デソシエイト」と判断するのに、

鏡に映った自分を見ている「アソシエイト」

という例外もあるという体験でした。

 

 

ということで、

自分がアソシエイトの視点で見ていると

正しく認識できたので、

 

あの自分の落胆する感覚を

軽くするには、

視点の移動!これが一番です。

 

鏡をのぞき込んで、

前髪をいじっている自分から

一歩抜け出して、

 

本当のデソシエイトの視点で

見つめなおすと

落胆している感覚や環境を

客観的にとらえることができます。

 

 

その太い毛が老化だと感じているんだね。

その太い毛はたった一本だったね。

そんなにしっかりした毛を生やすほど、

頭皮は元気なんだね。

筋トレしてるから、身体全体は、

まずまずの状態をキープできてるんじゃない?

自分の日々の変化に気が付ける観察力がすごいね。

 

そんなポジティブ変換の言葉を

「デソシエイト」の視点から伝えたいと思います。

 

 

ちょっと嫌な感覚、感情は、

視点をちょっと移動するだけで、

驚くほど簡単に軽くなるものですね。

 

-------

◆ブログ更新のお知らせをあなたのLINEにお届けします。

LINE@でお友達登録をお願いします。

友だち追加

◆WEBサイト

https://www.coachingnlp.jp/

◆Twitter

https://twitter.com/coachingnlp_jp/

◆Instagram

https://www.instagram.com/coachingnlp.jp/

◆はてなブログで読者になるにはこちらから

-------

 

 

copyright (c) 2019 - COACHING NLP All Rights Reserved.